新着情報・お知らせ

東方みゆきがブログ形式で様々な情報をお届けします

Facebook

気になったことを幅広く書いています。

ごあいさつ

身近な市政に篠ノ井から

こんにちは、東方みゆきです。
このサイトにご興味を持ち、ご覧いただきありがとうございます。
私のことを知っていただけるよう、自己紹介を交えてごあいさついたします。

長野で育ち、静岡で社会人に

私は、長野市篠ノ井で生まれ育ち、高校卒業後は静岡県に進学、就職しました。その時にご縁を得たのが、建築設計や都市計画コンサルタントの小さな会社でした。静岡県内自治体の計画策定、商店街や農村地域の各種プロジェクト、まちづくり人材養成の企画運営などに携わりました。

そして仕事とは別に、静岡の地場産業のお茶にも親しみました。まちづくりの手法を入れて茶産地、茶業界の活性化などにも取り組ませていただき、とても充実した日々を過ごしました。

篠ノ井へUターン、自分のまちのまちづくりにかかわる

そして2011年、家庭の事情で、ほぼ四半世紀ぶりに長野に住むことにしました。その間に長野はオリンピックを経験し、私自身も大人になりました。Uターンすると決めたものの、ふるさとへの大きな戸惑いがありました。

それを乗り越えるきっかけの一つが、「しの駅バル」などのまちづくり活動、篠ノ井にホームスタジアムがある「AC長野パルセイロ」の地域ぐるみ応援活動、実家の店がある商店街の活動に参加したことです。

地域の課題に篠ノ井からチャレンジ

私は「未来につづく長野のために」というスローガンを掲げています。これは、今のままでは長野が続かないだろう、という危機感を表しています。

少子高齢化、人口減少時代でもあり、地区の役員のなり手がいない、お祭りが続けられない、等はよくある話になってきました。長野市においても、人口減少は働き手の減少、税収の減少という懸念につながります。場合によってはこれまでの仕組み、やり方を大胆に変えなければいけないこともあります。

また、長野市はこれまでの合併で、地域ごとに抱える課題も多様です。

そうした時、私のまちづくりや小さな商店の経験が役に立つなら、女性の視点を通し、地域の人々の幸せのために力を尽くしたい。地域社会がこれからも続くように、全力で働いてまいります。

みなさまのご指導、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

img_ajisai04

私がめざす長野市

未来につづく長野のために

一人ひとりの生活実感を源に
まちづくりを進めていきます​

命を大切に

防災、交通安全、健康長寿、動物愛護

地域経済を もっと回す

地産地消、小規模事業者支援、持続的な雇用創出

ユニバーサルデザイン、バリアフリー先進地に

住みやすく訪れやすいまちに

一人ひとりに 居場所、活躍の場所を

子ども・若者のキャリア教育、大人のワーク・ライフバランス充実

誇りと郷土愛 ふくらまそう

文化、スポーツ、自然も食もまちの自慢

まちの持続可能性を 高めよう

社会の変化に応じたまちのあり方や事業の進め方をチェック!

新着情報・お知らせ

東方みゆきの長野まちづくりレポート

長野市議会議員 東方みゆきがブログ形式で
長野市政、長野市周辺のまちの様子、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

活動報告

東方みゆき 市政報告

東方みゆきが年2回、市政報告を紙面にて発行している「東方見聞録」をPDFでご覧いただけます。
年2回の発行以外にも、簡易発行の瓦版も掲載しています。

img_ajisai02
higashikata_keyv2

プロフィール

1969(昭和44)年3月 長野市篠ノ井生まれ・在住

私の原風景は、子どもの頃に犬の散歩でよく通った篠ノ井会の田園、善光寺平を囲む山々です。その外側の世界が知りたくて、高校卒業後は県外へ。

 2011年にUターンしてからは実家の文具店を手伝いつつ、商店会を通じて長野のまちづくりに取り組んできました。

 世の中が刻々と変わる中、長野もしなやかに未来へ進まなければなりません。これからも人々に愛される長野であってほしい。地域のため、人々のため、東方みゆきは真剣に働きます。

messages

ご意見・応援メッセージ

トンボヤのみゆきさんのチラシみてびっくりしました。でも嬉しかったです。篠ノ井の発展のため、このような形でガンバってもらえるのが嬉しいです。心より応援します。
篠ノ井

女性の視点で、長野市発展のため頑張ってください。応援致します。
信更町

応援メッセージをいただきありがとうございます!

 

「とんぼやだから」については、大正時代に開業した祖母、家族や従業員さんのおかげ、そして、小さい店をご愛顧いただいている地域の皆様あってこそです。改めて深くお礼申し上げます。